カメラシミュレーションラボ

カメラシミュレーションラボは、サンプルの光量や波長、カメラの露光時間など、様々な条件を設定し、撮像例を確認できるカメラシミュレーターです。

カメラシミュレーションラボ:3つのメリット

カメラシミュレーションラボを使うとこんなメリットがあります。

カメラシミュレーションラボ

色々な条件を試せる

カメラ、露光時間、撮影対象の波長や光量など、多様な条件をパラメータ操作だけで試すことができます。実験環境の構築の前に最適な条件を簡単に把握できるため、環境構築の初期精度を高めることも可能です。

カメラシミュレーションラボ

検討時間の短縮

実際の実験環境でいくつものカメラやサンプルをテストする場合、カメラに応じた実験系のセットアップや、サンプルの準備など多くの時間を要します。カメラシミュレーションラボではこれらの時間を必要としないため、カメラ選定の時間を大幅に短縮することが可能です。

カメラシミュレーションラボ

カメラの比較が手軽に

想定している実験成果を得るための最適なカメラ選びは、研究の成功の可否を左右する重要なファクターですが、複数のカメラを実際の環境でテストするのは時間・コストの側面でハードルが高くなります。カメラシミュレーションラボでは簡単にカメラを切り替えることができ、同一撮像条件でのカメラ性能によるイメージング結果の違いなど、実際の環境では難しいカメラの比較が容易に行えます。

カメラシミュレーションラボ:直感的な操作性

カメラシミュレーションラボは、複雑な設定なしで使用できます。「カメラ選択」、「カメラ設定」、「サンプル設定」の各パラメータを、シミュレーション画像を確認しながら直感的に操作することが可能です。
また、サンプル設定ではプリセット画像だけでなく、お手持ちの画像をアップロードしてシミュレートすることもできます。

カメラシミュレーションラボ

カメラシミュレーションラボ

ライフサイエンスカメラについてのお問い合わせ

お問い合わせ

Scroll to Top