近赤外CCDカメラ C10639-80A

c10639-80a 製品写真
カタログ [756 KB/PDF]

C10639-80Aは、顕微鏡用の小型軽量CCDカメラで、近赤外領域に高い感度を有しています。IR-DIC顕微鏡でのスライス組織の観察に最適です。
コントラスト強調や輪郭強調、ノイズを低減させるアベレージング機能など多彩な画像処理機能を搭載し、鮮明な顕微鏡画像を取得できます。

特長

  • 可視~近赤外領域に高感度
  • 多彩な画像改善機能を搭載:コントラスト強調、自動コントラスト調整、シェーディング補正、アベレージング機能、輪郭強調

用途

  • 近赤外微分干渉(IR-DIC)顕微鏡による厚みのある組織、深部の観察(脳組織切片神経細胞等)
  • 位相差、微分干渉による細胞や組織の観察
  • マイクロマニピュレーションのモニタリング

仕様

型名 C10639-80A
撮像素子 2/3型フレームトランスファCCD
有効画素数 648(H)×484(V)
画素サイズ 14 μm(H)×14 μm(V)
有効撮像エリア 9 mm(H)×6.8 mm(V)
レンズマウント Cマウント
信号方式 EIA-RS170A方式に準拠
水平/垂直周波数 15.734 kHz/59.94 Hz
トリガモード 内部/外部
外部同期信号 HD/VD(信号レベル:TTLレベル)
映像出力 1 Vp-p、負同期、75 Ω不平衡
アナログゲイン AGC/標準/可変(リアパネルスイッチにて切り替え可能)
機能 コントラスト強調、自動コントラスト強調、シェーディング補正、アベレージング機能、画像反転機能、プレイバック機能、輪郭強調、γ補正、RS-232C制御、レベルインジケータ、ビデオインバータ
電源 AC 100 V~240 V、50 Hz/60 Hz
消費電力 約65 VA
保存周囲温度 -10 ℃~+50 ℃
動作周囲温度 0 ℃~+40 ℃
動作周囲湿度 70 %以下(結露しないこと)

分光感度特性

c10639-80a 分光感度特性

外形寸法図

c10639-80a カメラヘッド外形寸法図
c10639-80a コントローラ外形寸法図

関連製品

製品に関する注意事項とお願い [80 KB/PDF]

お気に入り
リスト

    JavaScriptがオフのため、「お気に入り」機能は使用できません。

閲覧履歴

    JavaScriptがオフのため、「閲覧履歴」機能は使用できません。

Scroll to Top