• Global Sites

2波長同時レシオイメージング

蛍光イメージング

はじめに:レシオイメージングって何だろう?

蛍光ライブイメージングは生きた標本の活動をリアルタイムに観察出来る実験生物学の醍醐味と言える手法です。しかし、実際にこの手法で観察してみると「標本がどんどん暗くなり安定した結果が得られない」「高速で撮影すると輝度変化が小さくて計測ノイズなのか生体現象なのか区別がつかない」など、蛍光観察の安定性やデータの解釈についてお困りになった経験が有る方も多いのではないでしょうか。

このページでは上記の様な蛍光ライブイメージングに対して興味・あるいは課題をお持ちの方を対象に、レシオイメージングと呼ばれる蛍光計測手法についてその特長と可能性を解説します。レシオイメージングは、1つの蛍光プローブからの2つの波長の蛍光を計測する手法です。1つの波長の蛍光観察でも済むことを、わざわざ2つの波長を用いて計測する、何だか面倒な計測だと思われる方もいるかもしれません。しかし、レシオイメージングは生命現象に由来する微小な蛍光輝度変化を、より正確に計測する上で多くのメリットを持っています。まず、このメリットを模式的な計測例を用いて説明します。 次に従来手法では捉えることが困難だった心筋細胞の膜電位変化のような高速な生命現象を2波長同時レシオイメージングのメリットを活かして捉える方法について、実測例を交えながら紹介します。

目次
  1. レシオイメージングの概要
    1. 蛍光計測において蛍光輝度に影響を与える要因
    2. レシオイメージングの原理とメリット
      1. レシオイメージングの原理
      2. 様々な試料条件における蛍光輝度と、レシオ値から分かること
  2. 実測データで見るレシオイメージング
  3. 高速な生命現象をレシオイメージングで確実に捉える計測方法
    1. フィルタホイール方式の限界
    2. 2波長同時計測方式で高速な生命現象を捉える
    3. 高速計測が活かされる実計測例
  4. まとめ
Scroll to Top